内装を刷毛塗り全塗装

せっかく外装を全塗装したのに、ドアを開けて乗り込むときに何も変わっていない今までの車だと少し気持ちがなえてしまいますよね。 内装の刷毛塗り塗装について説明いたします。
内装刷毛塗り

塗ってもいい素材

基本的に車の内装部品は、下記のようなものが多いです。
・ABS
・PP
・鉄
・塩化ビニール
これらの中で塗れないものは、
・塩化ビニール
になります。
塩化ビニールは車のシートなどに使われることの多い素材で、判別する方法としては、指で押して少し凹むような柔らかな部品は塩化ビニールで作られている場合が多いです。
塗るとべたついたり塗料の種類によっては、乾燥後割れたりする場合もありますので塗らないほうが良いです。
またそのほかの素材についてもよくわからい場合は、目立たないところに塗っていただきまして1日以上乾かし、爪でかいてみて剥がれないか、押したりしてべたつきや割れなどがないかどうか確認してみてください。

ABS、PPに塗る場合

内装刷毛塗り
車の内装のほとんどがこれらのプラスチックになります。
外したりすると「ABS」などの刻印がありわかる場合が多いです。
これらは非鉄バインダーという下地剤を塗ってから、塗装をするとよく引っ付きます。
塗装前にペーパーで目荒らしをして、脱脂を行ってから下地剤を塗ってください。
非鉄バインダーはこちら
http://brush-carpaint.com/?pid=100813596
これを塗っていただけましたら、外装用の塗料をそのまま塗ることができます。

鉄に塗る場合

内装刷毛塗り
鉄に塗る場合は外装を塗る場合と同じですが、細かい部分が多いので塗りにくく、手間がかかります。 塗りにくい理由は、外装はほとんどが平らな面であるのに対して、内装はほとんどが凸凹面や隙間があるところが多いためにローラーが入りません。
なので、ほとんどを小さな刷毛で塗るしかありません。
時間と根気のいる作業ですが、仕上がりはきっと満足できるものになるでしょう。

株式会社タカラ塗料
〒557-0063
大阪市西成区南津守4-3-17
(平日10〜17時)

takaratoryo.com