How to paint  〜塗料の薄め方について〜

なぜ薄めないといけないのか??

きれいに仕上げるコツは、薄めに何度も塗ることです。
ただ出荷段階から薄めてしまうと、保存性が悪くなったり、季節や環境によって大変塗りにくくなったりします。
ですのでご面倒ですが、お客様で塗料を薄めていただく必要があります。

塗料の薄め方は、塗料の種類や塗り方、気温や湿度によって変わってきます。

基本的には使う分だけ薄めます。
下記の適正量に作っていただき、塗りにくければさらに薄めて塗ってください。

 

ラッカーの場合

ラッカーシンナーで薄めます
刷毛塗りの場合:80〜100%
例)塗料1?に対して0.8〜1Lのシンナー

吹付けの場合:100〜120%

ラッカーシンナーをお持ちでない場合は、「ラッカー シンナー付」を購入いただけますと、必要量のラッカーシンナーがセットになっております。

また湿度の高い時や暑いときには乾燥を遅くするリターダーシンナーを用いないと白くぼけやすく、また刷毛で塗りにくいです。
上記のシンナーに混ぜたものに対して、5%ほどリターダーシンナーを入れます。
例)塗料1kgに対して1Lのシンナーを入れたもの(約1L)に対して0.1Lほどリターダーを入れる

 

2液ウレタンの場合

ウレタンシンナーで薄めます
刷毛塗りの場合:20〜25%
例)塗料1kgに対して0.2〜0.25Lのシンナー

吹付けの場合:45〜50%

ウレタンシンナーをお持ちでない場合は、「2液ウレタンセット シンナー付」を購入いただけますと、必要量のウレタンシンナーがセットになっております。

季節によってその季節用のシンナーをお出ししておりますが、補修のときなど乾燥が早すぎて塗りにくい場合はウレタンリターダーをご購入いただけましたら、乾燥時間を調整できます。

 

水性の場合

水道水で薄めます
刷毛塗りの場合:5%
例)塗料1kgに対して0.05L(50cc)の水

吹付けの場合:15%

 

株式会社タカラ塗料
〒557-0063
大阪市西成区南津守4-3-17
06-6659-2321
お電話でお問い合わせの際
「刷毛塗全塗装のページを見た」
とお伝えください

(平日9〜17時)

takaratoryo.com