2液ウレタンで艶が出てしまう場合の対処方法

2液ウレタンは塗った膜が厚くなると艶消し剤が利きにくく艶が出てしまう場合があります。

ですので厚塗りにならないように、適正に薄めてから(20〜25%)塗装をお願いします。
ただそうして塗っても下記の場合は艶ムラが出てしまう場合があります。

 

1回目と2回目に塗る時間が短かった場合

通常2時間置けば大丈夫なのですが、それ以内で塗ってしまった場合は半乾きの塗料の上にもう一度塗料が乗ると、引っ付いて一体化して塗料を厚く塗ったときのような状態になり、艶消し剤が利きにくくなります。
 

気温が30度以下で夏用のシンナーやリターダーを使用して間隔を開けずに塗った場合

夏用のシンナーやリターダーは夏場に塗りやすいように乾燥が遅くなるようにできています。 それらのシンナーを使った状態でやや厚塗りしてしまったり、乾燥しきらずに2度目を塗った場合も上記のような状態になります。
 

艶ムラや艶が出てしまった場合の対処法

まずよく乾かしてください。一昼夜置けばほとんどの場合大丈夫です。
またかさね塗りをするのですが、最後に塗り終わってから1週間以上置いたりしてなければ足付けは不要です。
もしながくおいていたのならば軽く足付けをしてください。

1、よくかき混ぜる
つやけ艶消し剤が混ざっていない場合がありますので、へらなどで底のほうからよくかき混ぜます。

2、硬化剤を規定量入れる
4:1のウレタンなので、主剤4に対して硬化剤1を入れてください。

3、シンナーを多めに入れる
薄く塗るためにシンナーを多め(100%=2、でできた塗料と同じ量)に入れる。

4、うすく均一に塗る

乾燥後このようになります。



詳しい上記の塗り方が動画になっております。
こちらもご参考になれば幸いです。
 

初めての方へ
  • ご購入前に
  • うまく塗るために
  • お困りごとについて

  • 事例大募集

    暑い日に塗る

    色別の事例から探す

    株式会社タカラ塗料
    〒557-0063
    大阪市西成区南津守4-3-17
    (平日10〜17時)

    takaratoryo.com