塗料の種類の選び方

当店では、車の刷毛塗り全塗装用として適切な3種類をご用意しております。
全ての塗料は刷毛で塗ってもムラが目立ちにくいような艶消で、季節に応じて調整しています。
もちろんガンで吹く場合も吹きやすいです。
またどの塗料もガソリンなどの耐性も高いものを選んでいます。


 

Comparison table  〜塗料比較表〜

                 
  水性 2液ウレタン 油性 ラッカー 油性
ガソリン耐性
太陽への光の耐性
塗料の膜の硬さ
扱いやすさ
臭い × ×
つや感 3分のみ 1〜2分 0〜1分
耐久年数 4〜5年 3〜4年 1〜2年
薄めるもの ウレタンシンナー ラッカーシンナー
走行可能までの乾燥時間
(20℃の場合)
2〜4時間 2〜4時間 1時間

Aqueous  〜刷毛塗用艶消水性〜

特徴 当店人気ナンバーワン、金属用の水性塗料。
水性塗料のなかでも耐候性が高く耐ガソリン性も高いものを選定。とても塗りやすく、艶消し剤が分離しにくいため艶ムラも出にくい。
メリット ・耐候性、耐ガソリン性が強い
・乾燥は普通で塗りやすい
・水道水で薄められるので手軽
・臭いが少ないので住宅街での塗装でも気にならない
デメリット ・艶が3分艶しかできない
・一度塗ってしまうと板金塗装屋さんに修理に出せなくなる(ラッカー・ウレタンでもそうですが・・・)
薄めるもの
希釈率

刷毛塗りの場合:5%
吹付けの場合:15%

4:1Urethane  〜刷毛塗用艶消2液ウレタン〜

 
特徴 現在の自動車補修の主流。硬化剤と混ぜて化学反応で固まるので、ガソリンにも強い。またラッカーに比べて長持ち。主剤と硬化剤との比率は4:1。
メリット ・耐候性、耐ガソリン性が強い
・乾燥が早い
デメリット ・一度硬化剤と混ぜてしまうと使い切らなくてはならない(約8時間以内)
・湿度の高い時はウレタンのリターダーを使用しないと白くぼけやすい。
・乾燥時間が気温により大幅に左右するので、季節に合ったシンナーを使わないと塗りにくい
・価格が高い
薄めるもの
希釈率
ウレタンシンナー
刷毛塗りの場合:20〜25%
吹付けの場合:45〜50%

Lacquer  〜刷毛塗用艶消ラッカー〜

   
特徴 タッチペンやスプレーでおなじみの1液タイプの速乾塗料。昔は自動車補修にも使われていた塗料で、ガソリンにも強い。1液タイプのため手軽に塗装可能だが、劣化も早い。
メリット ・1液で扱いやすい
・乾燥が早い
・価格が安い
デメリット ・湿度の高い時や暑いときには乾燥を遅くするリターダーシンナーを用いないと白くぼけやすく、また刷毛で塗りにくい
・ウレタンに比べ塗膜が薄く、はがれやすい
・ウレタンに比べ耐候性(太陽光に対する耐性)が弱く、劣化が早い(天井ボンネットなら1年ぐらいで劣化する)
薄めるもの
希釈率
ラッカーシンナー
刷毛塗りの場合:80〜100%
吹付けの場合:100〜120%

 塗料選びに迷ったら>>


暑い日に塗る

色別の事例から探す

株式会社タカラ塗料
〒557-0063
大阪市西成区南津守4-3-17
(平日10〜17時)

takaratoryo.com