塗膜の劣化(チョーキング)について

チョーキング現象とは塗膜劣化すると起こる劣化症状の一つで、症状としては触るとその色の粉が手についてしまうというものです。
「白化現象」「塗料の風化」「粉が吹く」という場合もあります。

チョーキング1 チョーキング2 チョーキング3
チョーキング現象は塗膜の中にある顔料が粉化して表面に出てくる現象なので、
顔料が含まれていないクリアー塗料など、チョーキング現象が起こらない塗料もありますが、
色がついている塗料の場合はほぼ全て経年劣化とともにチョーキング現象はおこります。

劣化のしにくい順で言いますと、ボンネットや屋根は
水性で4〜5年、ウレタンで2〜3年、ラッカーで1〜2年で劣化します。

チョーキング現象が起こっているかどうかの確認方法は非常に簡単です。
指でなぞってみると、指に粉がついてしまう場合、
チョーキングを起こしてしまっています。

チョーキング現象が起こったという事は、塗膜が劣化してしまっているので、
そろそろ再塗装しなければならないという目安として考えましょう。

株式会社タカラ塗料
〒557-0063
大阪市西成区南津守4-3-17
(平日10〜17時)

takaratoryo.com