クリアはげでボロボロになってしまったミニの塗装レポート!

お盆休みにボンネットの塗装がぼろぼろのミニを塗りました

タカラ塗料の代表の大野です。
素人の夫婦2人に真夏に塗装をしてもらったら、どんなところで躓くのか?というところを中心にレポートしていこうと思います。

友人のK夫婦のミニは3〜4年前よりボンネットを中心にクリアが剥げてきていて、いつか刷毛塗全塗装を試してみたいと画策されておりました。
それをこのコロナ禍のお盆休み中に塗るのを決心され、僕もお手伝いさせていただきました。
刷毛塗全塗装を始めるときに会社をデモカーにしたのですが、それもお盆休みに行ったのでなかなか懐かしいものがありました。
しかし年々暑くなっているのかこの日の気温は38度に達するという予報。中東並みの気温の中、しっかりと熱中症対策を行いながら塗装していきます。

さて車を実際に見てみるとクリアはげがとてもひどい。
13年落ちらしいのですが、典型的な塗膜の劣化です。

クリア剥げのミニ

塗装前にと思って夫婦2人でぺりぺりとはがせるところは、はがせるだけはがしてきてくれたみたいなのですが見る限りもっとはがれそうでした。
ですのでその辺の下処理も含めて行っていきました。

まずはマスキング

全体に足付けで紙やすりでやすっていたかなければならないのですが、塗らないところ、特に樹脂ガラスのところなどをやすってしまうと取り返しがつかないので、まずはマスキングテープで覆っていってもらいます。

マスキングテープで覆う

マスカーで覆う
まずマスキングはテープで細かいところをしっかりと覆っていき、その後ビニールが着いた布マスカーという便利なアイテムで窓などを覆っていきます。
それが熱中症対策で回していた扇風機や冷風機の風でなびいてしまって張りにくい!
さらにこの車のチャームポイントである黒の樹脂部分は塗らないという判断なので、小さい車ながらマスキング部が多くてちょっと時間がかかってしまいました。

またマスキング作業自体も慣れた人と慣れていない人の時間の差がやっぱりあります。
初めての方はしっかりと時間をとるほうが良いでしょう。

エンブレムをマスキングする
一番時間がかかったこだわりのCOOPER部分。

クリア剥げとの戦い

クリア剥げの部分はできるだけ落として、クリアの段を解消してから塗ってください、と指導しています。
言葉で書けば簡単なのですが、これがまあ大変です。

まずなぜクリアが剥げてくるのでしょうか?

基本的にはクリアは樹脂が100%の塗料の膜で太陽光線には強い塗料になります。
しかしクリアの下の色がついている層は色の種類により弱い場合があります。特に濃色、特に赤い色が太陽光線に弱く、分解して粉化してしまいます。
ガードレールを触ったときに手が真っ白になりますよね?あの状態です。
専門用語でチョーキングと言います。チョーキングしてると塗料としてはもう寿命です。
その層が粉化すると引っ付いている力が少なくなり、クリアがはがれてしまいます。

チョーキングしてクリアが剥がれてしまう

状態としては粉の上にフイルムのようにクリアが乗っているイメージです。
この上から塗ってしまうとクリアごと塗った塗料がはがれてしまう恐れがあります。
塗料というのは乾くと少し縮むので引っ付いてないクリアを引っ張ってしまい余計にはがれる場合もあります。

チョーキング現象で粉が出ている
触ってみると赤い粉化した塗料が手につきます。
この粉も落とさなければなりません。

どうやってクリアをはがすのかというと、今回はテープを使いました。
基本的にここに電動工具(サンダー)はあったのですが、ない設定でやっていこうと思いテープではがしていきます。
貼ってははがし、貼ってははがしします。

テープでクリアを剥がしていく
どんどん剥がれます。
クリアがどんどん剥がれていく
そしてさらにクリアが浮き、はがれてきます。

この車、普段はあまり乗らず、青空駐車で南に向いて止められていたそうです。
それが顕著にわかるのですが、ボンネットと西日の当たる運転席側のクリア剥げがひどかったです。これではいざ乗ろうとしたとき、都度クリア剥げが気になってしまい乗るたびに気がめいっていたそうです。

車の置き場所


テープでさらにクリアを剥がしていく
地道にクリアをはがしていきます。

さらにクリアが剥がれていく
どんどんテープを張ってははがしを繰り返しますが、テープがついになくなってしまいました。。

そしてとりあえずクリアがあるところとないところを触ってわかる段差を埋めていくべく手でやすっていきます。
240番程度のやすりで手でかけていきますが、やすればやするほどクリアがとれます。
クリアがまだ残っている

埒が明かないのでついにサンダーを導入することにしました。
240番の紙やすりをつけて削っていくと面白いように引っ付いていないクリアがとれて、段が消えていきます。
サンダーでやする
やや黄色く見えているところは下地のプライマーです。電動工具は削りすぎてしまうことがあります。あまり削りすぎるとこのプライマー層までとれて金属部が出るとややこしいので、ほどほどに。
このサンダーも高いものではあません。1万円以下のものでした。この車のようにあまりにクリア剥げが広範囲にわたっている方はおすすめです。

脱脂をしていよいよ塗装

紙やすりでやする
全体に600番の紙やすりで足付けをして、ワックスオフで拭きとったらやっと塗装です。

色は世田谷ベースカラーを選択、塗料の種類は塗装するのが初めてでも扱いやすい水性塗料、塗料の量は今回ルーフを塗らないので2kgにしました。

ここまで、
9:20 ~ 11:50 マスキング
13:12 ~ 14:10 足付け
14:10 ~ 14:20 脱脂
とだいぶん時間がかかっております。
通常2人ぐらいなら脱脂ぐらいまでで午前中で終わったりするのですが、この車の場合マスキングとクリア剥げ対処に時間がかかりました。
仕方がないです。

そしてもしこれで初めての方で2人でやっておられたら15時を前にして塗装し始めて終わるのか?という疑念が生まれると思います。大丈夫です、終わります。
小さい車なので余計に大丈夫です。
ちなみにお客様でマスキングやらで15時ぐらいまでかかってしまったけど、17時には塗り終わったという話も聞きます。

塗装スタート

世田谷ベースカラーを塗る

本人談で
「疲れ始めた頃に塗り始めがスタートしました。
やっぱり色塗りは楽しくて、だんだんと変身していく愛車を見ていると疲れも忘れて夢中で塗っていました。」
というほど、塗り始めてからは楽しかったようです。
途中休憩も入れながらも1時間強で塗り終えてしまいました。

一度目塗りをする

塗り終えたらマスキング剥がし

マスキングを剥がす

やはり慣れていない2人のマスキングなので、マスキングをはがしていくと塗れているところや樹脂部分にはみ出してしまっているところも多数ありました。
そういうところを拾い塗りしながら、樹脂部分にはみ出しているところはワックスオフでとりながら仕上げていきます。
それにちょっと時間かかって、はがし始めてから1時間で完成。

塗装面

塗装完成

塗装完成前面

塗装完成後面

14:20 ~ 16:30 塗装(途中休憩2回)
16:30 ~ 17:28 マスキング剥がし&仕上げ
かかった時間としてはこんな感じです。
人数は夫婦2人プラス僕(0.5人分)という感じです。

本人たち大喜びで、こんなにきれいになるならもっと早く塗ればよかった!とやや後悔(?)しておりました。

最近たくさんこの塗装用の塗料を販売しております。全国でそんな声がたくさん出てるんだろうなと感じ、もっとたくさんの方に知ってほしいなと強く思いました。

最後ににクリアの段をしっかりとってないとこうなるよ、の図。
段差が見える
わかりますかね?うっすら線が出てしまっています。
ボンネットはしっかりペーパーかけれてたのですが、運転席のドア付近に一部段ができてしまっています。
段はしっかりとりましょう!


こちらのお客様の感想も乗せたページはこちら >>
クリア剥げの対処の仕方のページはこちら >>




初めての方へ
  • ご購入前に
  • うまく塗るために
  • お困りごとについて

  • 事例大募集

    暑い日に塗る

    色別の事例から探す

    株式会社タカラ塗料
    〒557-0063
    大阪市西成区南津守4-3-17
    (平日10〜17時)

    takaratoryo.com