塗料の量の選び方

・塗り方や塗り重ねる回数によって使用する塗料の量は多少異なります。
・下記は外装の塗装を想定した、刷毛塗りのための少し多めの量です。
・一般的に刷毛、ローラー塗りのほうがスプレー吹き付けより厚くつきますので、多めに塗料が必要です。

塗料の必要量

※どちらも後の補修用も含めての量になります。
※車内も同色で塗る場合、軽トラックで1.2倍、通常のボックスタイプで1.5倍くらいの量が必要になります。
※濃い色から淡い色に塗り替える場合は多めに塗料が必要になります。
※赤系、黄系の色は下の色が透けやすいので多めに塗料が必要になります。
※艶消し剤が入っていますので、よくかき混ぜてから塗装してください。

バイク(原付、フルカウル等含む)の場合1kg
ジムニーのルーフとボディを塗り分ける場合ルーフ1kg ボディ1〜2kg
ジムニーの場合2〜3kg
ロードスターの場合2〜3kg
シルビア、RX-7など2ドアの場合2〜4kg
ワゴンR、EKワゴン、ライフなどの場合3〜4kg
軽トラックの場合3〜4kg
軽箱バンの場合3〜4kg
コンパクトカー(ヴィッツ、マーチ、パッソ)3〜4kg
bB、スパイクなどの場合3〜4kg
チェイサーなど4ドアセダンの場合3〜4kg
ジープ、ランクル、サファリ等SUVの場合3〜4kg
ダットサントラックの場合3〜4kg
ハイエース、ステップワゴン等ミニバンの場合3〜4kg
1.5t〜2tトラックの場合4kg〜
キャンピングカーの場合4〜6kg
クイックデリバリーの場合4〜6kg

塗り方や塗る回数によって使用する塗料の量は変わってきます。
下記は外装のみ塗装の場合用に少し多めに見積もっています。(一般に刷毛、ローラー塗りのほうがスプレー吹き付けより厚くつきますので、少し多めに塗料が必要です)

軽トラック・軽バン・コンパクトカーの場合3〜4kg
ミニバン・ハイエースの場合4kg〜6kg
※どちらものちのちの補修用も含めての量になります
※車内も同色で塗る場合、軽トラックで1.2倍、通常のボックスタイプで1.5倍量ぐらい必要になります

ラッカー・ウレタンの各シンナー付は、シンナーを下記の容量とのセットです。

1kg シンナー付き専用シンナー1L
2kg〜4kgシンナー付き専用シンナー4L
6kg〜8kgシンナー付き専用シンナー4L×2
それぞれ塗料に対して必要量より塗装前の油分を落とす(脱脂)用に少し多めにセットにしています。
シンナーをお持ちでない方はこちらのセットがお勧めです。

また水性にはシンナーが付属しておりませんので、脱脂用で必要な際はワックスオフをお買い求めください。
ワックスオフはこちら>>




暑い日に塗る

色別の事例から探す

株式会社タカラ塗料
〒557-0063
大阪市西成区南津守4-3-17
(平日10〜17時)

takaratoryo.com