水性塗料の塗装をきれいに仕上げる希釈剤 バランサー

塗装面をきれいに仕上げることができる水性塗料の遅乾剤
暑い時期の塗装にも最適です

早く乾燥させようと水で薄めすぎると、ムラができたり塗料がボディにうまくのらなかったりします。
また、暑い時期の塗装は、乾燥が早すぎるために刷毛やローラーの跡が残ったり、塗装面がゆず肌(ボコボコしてしまう現象)になってしまうことがあります。

こちらのバランサーをうすめ液として使うと、塗料がゆっくりと乾燥するため、塗装面が滑らかになり、塗装の失敗を減らすことができます。

バランサー1.7L

Balancer  〜バランサー〜

特徴 水性塗料の希釈液(うすめ液)として使っていただけます。
最大40%まで薄めることができ、水で薄めた時と比べて乾燥が遅くなります。
夏場の暑い時期での塗装で、乾燥が早すぎて刷毛・ローラーの跡が残ってしまったり、垂れた塗料の跡が残ってしまう場合にこちらのバランサーをうすめ液として使用していただくと、乾燥が遅くなり跡が残るのを防ぐ効果が期待できます。
また、吹付塗装では、水で薄めすぎると表面張力で弾いてしまい、ボディーに塗料がうまくのらない事がありましたが、こちらのバランサーを使用することにより塗料の粘度が増すため、ボディーへの塗料のりが良くなります。
分散性が良く、水で薄めた時に比べてムラが出にくいです。
無色透明です。
※バランサーを使った場合2日ぐらいは雨を当てないようにしてください。
使用方法 水の代わりにうすめ液として使います。刷毛塗り、吹付の場合問わず、うすめ率最大40%まで薄めることが可能です。
例:塗料3kgに対して1.2(ℓ)

比較実験

塗料をバランサー、水、それぞれ同じうすめ率(40%)で薄めて塗装面を比較しました。
※車のボディーに見立てた板に、40℃の室温の中塗装しています。
「バランサーなし」のほうがすこし塗料を弾いています。


「バランサーあり」のほうが3回でほぼ塗り終わったのに対して、「バランサーなし」はまだまだ透けています。


「バランサーあり」の面は滑らかに仕上がりました。対して「バランサーなし」の面はまだ少しムラが残っています。


今回の塗装では指触乾燥時間(触れたときに塗料が手につかないようになる時間)がバランサーを使った方が1.5倍になりました。
また、塗料ののりが良くなり乾燥時間は遅くなったのにも関わらず、塗装時間の短縮にもつながりました。バランサーをつかうことにより、塗装面をムラなく均一に仕上げることができます。
当店で社内研修などで車を塗装する際は、暑い時期・寒い時期関わらず、常にバランサーを使用しています。

真夏のローラー塗装時にゆず肌になる条件と対処法はこちらをご覧ください

Color  〜水性塗料専用の乾燥遅延剤です〜

販売価格 4,490円
型番 balancer_C_1.7L_C_C_C

カートに追加する商品をお選びください。

1.7L
容量

容量
1.7L

暑い日に塗る

塗装事例
メーカー別事例
  • トヨタ
  • ホンダ
  • 日産
  • スズキ
  • ダイハツ
  • マツダ
  • スバル
  • 三菱
  • レクサス
  • 国産その他
  • ベンツ
  • BMW
  • ワーゲン
  • シボレー
  • GMC
  • 海外その他

  • ボディタイプ別事例
  • 軽バン
  • ワンボックス・ミニバン
  • ワゴン・バン
  • クーペ・セダン
  • SUV
  • ジムニー
  • 軽トラ
  • トラック
  • コンパクトカー
  • キャンピングカー
  • キッチンカー
  • バス
  • その他軽自動車
  • その他自動車
  • バイク
  • 車以外

  • タカラ塗料おすすめカラー別事例


    初めての方へ

    車の動画集

    ムック本

    事例大募集



    色別の事例から探す

    株式会社タカラ塗料
    〒557-0063
    大阪市西成区南津守4-3-17
    TEL:06-6659-2321
    (平日10〜17時)

    takaratoryo.com