「塗装中刷毛・ローラーの毛が抜けて、ひっついて取れなくなってしまった!」対策と対処法は?

日々いただいている塗装事例の中で、
「100均で購入した刷毛とローラーを使って車を全塗装したところ、毛抜けが激しく塗っていたボディにひっついて取れなくなってしまった」という声を時折いただきます。

100均など安く売られている刷毛やローラーはどうしても質が劣り、刷毛の毛やローラーの繊維が抜けやすくなっています。
そういった道具を使って車をしてしまうと、抜けた毛が塗装している面にくっついてとれないという状況になってしまいます。

こちらのページでは、未然に防ぐ方法となってしまった時の対処法をご紹介していきます。

 

未然に防ぐための対策とひっついてしまった時の対処法

■数百円高くても質の良い刷毛やローラーを使う

 

 
数百円高くても質のよい道具を使って塗装したほうが、
結果的に修正などの手間も少なくなり仕上がりもよくなるかと思います。

刷毛に関しては、安価なものは非常に抜けやすい為、高品質のものがおすすめです。
当店では、水性・油性両方使える「ナイロン刷毛」をご用意しております。

ローラーに関しては、毛足の長い長毛ではなく、短毛タイプのものが向いています。
また素材は、毛抜け泡立ちが少なく塗りやすいマイクロファイバーがおすすめです。
当店でも、「マイクロファイバーローラー」を販売しています。


■刷毛は使用する前に手でほぐす
刷毛は使用する前に手でほぐす

新品の刷毛は、塗料をつける前に一度手で優しくほぐしてあげることで、
余計な毛を自然と落とすことが出来ます。


■塗装中に毛抜けを発見したら

取れそうであればピンセットなどで取ってください。
もし取れなければ、乾燥した後に上からサンドペーパーで軽くやすり取り除くことが出来ます。
その後、タッチアップを行って仕上げてください。

 

対策と対処法を理解して車の全塗装を楽しんでください

車の刷毛塗り全塗装、初めての方はやはり不安になるかもしれませんが、
しっかりポイントを抑えれば、どんどん綺麗に仕上がる様子を楽しんでいただけます。

また、お客様からいただいた多数の塗装事例を掲載しています。
車種名・メーカー名から絞って検索もできますので、是非参考にして全塗装に挑戦してみてください。



暑い日に塗る

塗装事例
メーカー別事例
  • トヨタ
  • ホンダ
  • 日産
  • スズキ
  • ダイハツ
  • マツダ
  • スバル
  • 三菱
  • レクサス
  • 国産その他
  • ベンツ
  • BMW
  • ワーゲン
  • シボレー
  • GMC
  • 海外その他

  • ボディタイプ別事例
  • 軽バン
  • ワンボックス・ミニバン
  • ワゴン・バン
  • クーペ・セダン
  • SUV
  • ジムニー
  • 軽トラ
  • トラック
  • コンパクトカー
  • キャンピングカー
  • キッチンカー
  • バス
  • その他軽自動車
  • その他自動車
  • バイク
  • 車以外

  • タカラ塗料おすすめカラー別事例


    初めての方へ
  • ご購入前に
  • うまく塗るために
  • お困りごとについて

  • 車の動画集

    ムック本

    事例大募集



    色別の事例から探す

    株式会社タカラ塗料
    〒557-0063
    大阪市西成区南津守4-3-17
    TEL:06-6659-2321
    (平日10〜17時)

    takaratoryo.com