吹付け塗装をしたい方へ 注意するポイント

「吹き付けたほうがきれいになる?」
よくご質問いただく内容で
・刷毛塗全塗装の塗料を吹き付けることはできますか?
・吹き付けたほうがきれいに仕上がりますか?
と、いただきます。

結論から言いますと、もちろん吹き付けたほうがきれいに仕上がります。
昔はコンプレッサーなどは数十万円出さないと買えないものでしたが、現在Amazonなどで安く一式そろいますのでやってみたいと思われる方もいらっしゃるかと思います。
そして刷毛塗全塗装用の塗料はメタリックやパールの入っていないソリッドカラーの艶消しなので、吹付塗装の場合もむらなく仕上がりやすいです。

ただ下記のような点に注意が必要です。


Point 吹き付け塗装をする際の注意すべきポイント

季節、温度にあったシンナーや希釈率の細かなセッティングが必要

暑い時期に乾燥が早いシンナーを使うとガンから飛び出た塗料がボディにつく前に乾いて粉っぽくなってしまったり、ウレタンの場合糸状の塗料が噴き出てしまいます。
その場合は乾燥が遅いシンナーを使用したり、多めに希釈したりなど細やかなセッティングが必要になります。

また寒い時期に乾燥が遅すぎるシンナーを使うと、なかなか乾かずたれ等の原因となってしまいます。


マスキングをしっかり行う必要がある

刷毛やローラーで塗る場合はあまり飛散しないので窓の際だけマスキングすればいいですが、窓の中までマスキングする必要があります。
そしてグリルの中のラジエーターやタイヤなど細かいところまでしっかりマスキングする必要があります。

また刷毛やローラーで塗った場合は、マスキングが思ったよりもしっかり出来ておらず塗装したい部分にマスキングがはみ出していたりしても、刷毛などで修正できるのですが、吹付の場合はそれをすると目立ってしまったりします。
ですのでしっかりマスキングを行うようにしてください。


無風の場所で塗装する必要がある

少しでも風がある場所で塗装すると風で塗料があらぬところに飛んで行ってしまい、車体に塗料がしっかりつきません。
刷毛やローラーで塗ったやや凹凸のある塗装面だと気にならないのですが、均一になっている吹付の塗装面では少しのほこりなどが付着するだけで気になる部分になってしまいます。


周囲へ飛散しないように工夫が必要

住宅地で塗装する場合、吹き付けたときの霧化した塗料が周囲に飛ばないように気を付けなくてはなりません。
一説によるとその霧化した塗料は2km先まで飛ぶといわれており、それが洗濯物や車についてしまうと、弁償問題にもなりかねませんので注意が必要です。



いろいろと書かせていただきましたが、吹付塗装は一般の方にはハードルの高い塗装になります。
上記ご注意いただいたうえで吹付塗装してくださいませ。

・当店で取り扱っている水性・2液ウレタン・ラッカーで使用可能な簡易塗装機
100Vで手軽に吹き付け塗装できる簡易塗装機 のご注文はこちら>>

・簡易塗装機を使ったお客様塗装事例のご紹介
お客様の簡易塗装機使用事例 はこちら>>

簡易塗装機で当店の女性スタッフが初めて吹き付けにチャレンジした内容を動画にまとめました。



暑い日に塗る

初めての方へ
  • ご購入前に
  • うまく塗るために
  • お困りごとについて
  • ハンドブックプレゼント

    事例大募集

    色別の事例から探す

    株式会社タカラ塗料
    〒557-0063
    大阪市西成区南津守4-3-17
    (平日10〜17時)

    takaratoryo.com